夏の夕涼みのイメージ。

夏は一番好きな季節。
思いきりイメージだけど
縁側に座って蚊取り線香を焚いて
スイカを食べたり線香花火したりシャボン玉吹いたりするイメージ^^
きっと小倉の家ではそれができると思う。
よかったね!
(わたしが住むのではないですよ)

小倉の帰り、お見舞いで中学校からの同級生に会い
「家族はいいですよ。」と励まされる。むしろ力を分けていただき
とぼとぼと帰るわたしたち。
彼女は旦那様と出会って3ヶ月ほどで入籍なさったのだけど
直感で大丈夫と判断され、すぐに親御さんに紹介、会食、式場探しなどされたそう。
大人同志の判断と、直感を大事にされ
シンプルにスムーズに幸せの方向を見定めた様子は、友達として誇らしくも感じられた。
家族に支えられ、乗り越えられてる姿。
家族がいるから力を貰えること。
わたしたちはわたしたちのいいところがいっぱいあるので
うらやましさではないのだけど、彼らをすごく素敵だと思える。
皆に支えられてる様子は幸せそのものだ。
多くの人に差し出したり支えたりするパワーは
一人力より二人力の方がずっとがんばれるのだなあと考える。
今はそうゆうイメージしかなく
自分を助けてほしい気持ちが希薄なのが楽であり
逆に、人を助けられる力は小さな範囲でしか発揮できないもどかしさがある。
シングルは楽だが
楽だけが人生じゃないし
ファミリーの楽さも
楽だけではない何かがあるのもわかる。
ただひとつ、縁側の隣に人がいる面白さったらないのだろう。
それだけで、どんなことでも乗り越えられる力となるのだろう。
もうすぐ8月だ。
[PR]
by nemo_yuka | 2010-07-22 15:21