ひざし、夜の風。

近所の神社で手作り市がはじまる。
以前遠くの町の境内まで足を運んでたので
歩いて3分のこの場所でそのような催しが開催されたことがうれしい。
暑さはまだまだ強くも
日射しだけはすこしとろりとやわらかくなってる。
こんな秋は初めてだと、
夕暮れを歩きながら遠くのビルの西日を見る。
その色はなんともいえない明度の高さ!
街をぐるっと一周して
帰りの公園を歩くとまだまだ人がうじゃうじゃいて
夏休みが続いてることに思い当たった。
芝生をわざと踏んで歩いて
夜の中でその匂いは湿って熱い風で
吹き飛ばされそう。な気持ちになりながら(実際は吹き飛ばされない)
気持ちよく帰宅する。
[PR]
by nemo_yuka | 2010-09-05 23:55