いま、する こと。

今回起きてることはとても大きくて、わたしたちはかつて経験ない。でも
当たり前のことが、大きなことにつながってたのも
このことで、よくわかった。

こどもを大事にする、公共の場所にごみを捨てない、
友だちでも敬い合う、資源を使いすぎない、
家族を守る…。
当たり前の「思いやり」が、大きな箇所でも働いていて、
もしくは働いてないから引き起こされたとも言える気がした。

今回のことは、原発への提言だったのかもしれないと思う。
生きてる人に、復興を越えて試練が残された。
あまりにも重いが、存在するから受け入れるしかない。

試練を認識して今、「思いやり」が、
人を物を世界を思いやれることが
なんて大事なんだろうと、
わたしは強く思うようになった。

今だけは常識を越えて、日々に祈りを忘れられないし
還元する約束をしていたいと、新たな意識も得た。

それはもうばかな判断はできない未来の約束、
正しさを知る約束、
小さなことでも気遣い合える優しさを持つ約束、
手を取り合う力強さを身につける約束、
未来を良くしてゆくしかない約束を、
大変でも、してゆかないと、という意識だ。

それくらい今起きてることは大きなことで、
大きな力に守られてることでもある。

守られてる気がするのは個人的な気持ちだけど。
それになんとか抑えられてると信じたい。
でもその守りも、限界がある。
必死になされすぎてる。

だから、祈りや約束くらい、小さなことだと。
大きなことはしなくていいし、
目の前の小さなことだけに目を向ければいいから。
ただ、今までよりすべてを、思いやってほしいと
ここからお願いしていたい。

小さなことが大きなことにつながる。
小さなことをおろそかにしすぎてた結果が今だと思う。
企業や政府がとかではなく、たった個人レベルの
祈りや約束、還元が、あんがい世界を作り
これからも作るんだろうと感じるから。

何かに守られてるからこそ返してあげたいし。

非日常の意識だけど、願いを込めて。
[PR]
by nemo_yuka | 2011-04-07 10:27