変化ある日々

お休み明け。ちょっとしょんぼりがあるかもだけど
ぎゅーっと休めた方は、英気が満たされてるだろうし
たくさん遊べた方は逆に、疲れがあるかも。

GW前とはちょっと違う体になってる。
だから疲れても疲れてなくても、無理はしないでくださいね!

毎日いろんな状況が織り交ざって、体はできてる。
今はとにかく3月11日以前とはまったく違う。
体には負担もあるけど
心は学んだことが多く
とてもゆたかになってると思う。

こんなに一気に無条件で勉強することなんて
きっとなかったと思うから。

生きる というところに視点を置くと
病や過酷な状況は、心のゆたかさを導いてくれる。
生きてることに、喜びやゆたかさが増す。

健康や物質が満たされてることも素敵だけど。
案外噛み締めるほどの喜びの実感がなかったり。

心の満たされ感だけを見ると
どんな経験もプラスになって、ゆたかさを残してくれると、
この状況がますます言ってくれている。

そうそう、わたしはまだ寒い季節に冬服で九州に来て
荷物も小さい段ボール一個だけ。
何も持って来なかったに等しいし
さすがに春夏服は足りなくなってきたけど
案外、こんなちょっとでも平気じゃん と今思う。

たくさんの物を必要としないし
固執するものがないことがとても楽。
気軽に移動できたのも、とてもありがたかった。

鞄いっこの生活。
家はあるけど
持ち物はこんなんでも平気なんだなあと。

でもデパート行くと服欲しくなるけどね。。

GWは延岡、高千穂、宮崎、久留米、博多などを廻った。

宮崎では避難してる友達にも会えてうれしかった。

いくつかのお墓参りなどもさせていただいた。
いくつかの展覧会も巡った。

その旅の中、やさしさが共鳴したときいただくもののことを考えた。

それは絶対、必ず、否定ではなく許容で
誰しもがやさしく迎えてくれてすごくありがたく感じ
それは人だけじゃなく植物や動物や場所もすべてからいただけたものだった。

人間はまだまだやさしくなれないときもあったりするから未熟だけどそれでも
やさしい気持ちになれたらそこには笑顔や平穏が生まれて
みんなが元気になれて
この力をたくさん合わせたいというのが
生きるうえでの目標というか
願いなんだと思った。

この変わってしまった世界でその願いは
ますます重みを増した。

浜岡原発止めたいなあと思ってたら
ちゃんと動きが出てきてる。
こうゆうことでも願いは届くと感じる。
成熟への願いを込めて
今の日常と旅がある。
[PR]
by nemo_yuka | 2011-05-09 11:09