いくつかの心の中身

それはわたしが喜びたいからってことだったのだけど。

ずっとまわりのみんなが喜べばわたしも嬉しいなって思ってた。
人を集めたり紹介したり
誰かの誕生会を企画したり結婚式で手助けしたり
遠くまで時間作って会いに行ったりして。
なんでみんな、みんなで楽しみたいと思わないのだろうと
不思議だった。
人の笑顔見るのがうれしいって
そんな思いが普通になってて。

だけどそれは自己満足。
人のためだけに計画して、がんばってしまって
それってたくさんいい思いを返してもらおうとしてたことだったんだ!!と、ある日、
「そんなばかみたいなことしてたんだ〜」ってわかって
「あららら〜」と。

力が抜けて、笑っちゃった。

喜びが返ってくるのを求めてたなんて!

だから「求められても困るよ!」って
無意識に怒ってしまう人もいたんだと思う。
思いやりをたくさん差し出した人に限って
わざわざ本人に聞かせなくていいような中傷が返ってきたのも
「そんな思いやり求めてないよ、余計なことしないで!それにいい気分も求めないで!」の
表現だったんじゃないかな。
だから自分が中傷を招いてしまったんだなあって。

今は「求めてごめん」って、素直に思えるよ〜。

反省できた。

でも笑顔でいてほしい気持ちや
思いやりを差し出したい気持ち、
みんなで楽しみたい気持ちの半分は、
要求じゃなくて本当の願い。

全ての人が楽しい世の中は願いなだけ。

その部分もたしかにあるんだなあって
わかってよかった。

心の中身を知られたの、
よかったことだな。
by nemo_yuka | 2011-06-27 18:54