透明の鏡のような湖畔を臨むようなこと

でも本当に若い子は無理してないのかなって時々考える。

もちろん無理なくすくすく育ってきた人はいっぱいいる。
無理してがんばって育ってきた子が
無理してないように見える技は周到だから。

しっかりしてて、自分の正しさは揺るぎなくて
人より優れてるとわかってる
そんなこころ。
その理解してる全てが本当のことかどうかは、
もっと年をとらなければわからない。

わからないけれど、あてがないけど
その地点が全てになってしまう、
そうすると、同じでない人のこともわからなくて
どんどん否定しちゃわないだろうか。

果てなんてないんじゃなかろうか。
わかることに限界なんてないんじゃないだろうか。
もっともっと奥深くがあって、そこから見る景色は
今の常識と違うのではないかって
探求できたら生きることが、すごく楽しくなるのかも。

果てがないの。
なんて広くて深くて静かな世界なんだろう。

ミギーみたいに、
刺激がなくても楽しめる世界は、ここに、
この中にある。

透明の鏡のような湖畔を臨むようなこと。
by nemo_yuka | 2011-07-01 02:36