街の海で泳ぐ。

海に行けない代わりに、街の海をすいすい泳ぐ。
最近の空は、いつもと違う。
迫力のある光線だ。
雲が光を含んで放射する。
青は高い。
光の具合が異常に綺麗で、奇妙。
そんな空の下で、日常に空気が通り過ぎる。
ときどき空気アレルギーになる。
ほんとうに奇妙キテレツな今。

たくさんの人が声をかけてくれる。
ごめんと片付け日を設けたけど、なんだか空回り。
エネルギッシュじゃないから、なんにもしない日も好きみたい。
なんにもしない日をいただいてありがとうと思う。
お互い一人の時間も好きと言う。

海で泳ぎたい。
海で泳げない。

川に行こうと計画してる。
友達と話した。
それで、ああ、とさみしくなる。
離れるさみしさか、離れてるさみしさかわからない。

すこし長く居着いてしまってる。
ここを後にするだなんて信じられない。
[PR]
by nemo_yuka | 2011-07-23 00:54