星に願いを

a0159057_1324869.jpg
さまざまな祈りのある今。

あわれなことは、くるしさやかなしさや何かをうしなったことではなく
人の大事なものを気軽にうばえる心なのかもしれない。

うばうなんて思いもつかないことが、どんなに本当の幸せなのか。
うばうより捧げる方を選べることが、どんなに真の幸せなのか。

ざんこくを持ってないことの気軽さ、すがすがしさ、身軽さ、美しさ。
ざんぎゃくさを内包してる心の気付かない重み、痛み。

重みを手放す必要。

雪が降ってきた。
それなのに陽は射しとても明るく光る庭がある。

人の心を斬りつけることだけはしない。
ぜったい選ばない。当然のことだけど、
それをときどきこうして祈る。
こんな震災後の世の中に必要な祈りが
こんなことなの?って愕然とする、でも
現実から目をそらさない。

今日の祈りを忘れない。
[PR]
by nemo_yuka | 2011-12-24 12:44