九州のこと、思い。

a0159057_5582469.jpg
暖を取りに鹿児島に行ってきた。

って、超さむかった!!笑

桜島の迫力を目にできてよかった。
雄大で、落ち着く場所だったし、街がきらきらしていて
守られてるような気配だった。
お父さんお母さんのような、桜島。
(爆発してるけど、ときどき親はそんな風に
学びをもたらしてくれる)

九州は、変わった場所だ。人間くさい。

そう、九州に、去年とても人を呼びたくて
結婚式を決めたのだ。
20人もお呼びできなかったけど
ご祝儀に使うお金を、旅行に使っていただいた。
大変勝手な旅行であるが
それが祝宴のわがままだった。
全額プレゼントはできなかったし時間を使っていただいたが
去年の6月のあの頃、どうしても九州に来ていただく理由を作りたかった。
だから式は去年になったのだろう。

とても豪華とはいえない、少人数の披露宴。
でもお料理はおいしく、ドレスも用意できて、最大のわがままは通した。
人のことばっかり考えて、やっぱり結局は主役になるようなことは全く苦手だとわかった。
でも自分たちらしく、自分たちの気持ちを大事に遂行できた。

親戚一同は呼べず、先日突如、そのことをとても悔やんでいることに気付いた。
一人呼べなければすべて呼べない。
このことは、見ないことにしていたのだ。
それに気付いてしまって胸が痛かった。

だけど高齢の彼らをお招きすると決めたらきっと
九州を選ばなかっただろう。
結果は、よかったのかどうかわからない。
ただこの土地の、大地の熱のようなものを
友達に見ていただけたのは、わたしの安心になった。
ここにはわたしの知ってる人はいないから。

友達が来てくれてうれしかった。

無理をさせるしかできない方法だったけれど、
本当に、ありがたかった。

実はそんな風に無理にしなくたって
この場所には、つながりがどんどんできるんだと
最近はやっと感じるようになった。
いくつもつながりの偶然があった。
家のある場所も、旧知の知人の通った小学校の目の前。
ここにいても、東京でも
同じつながりが起きるし、
ここは知らない分ミラクルに感じられるのは良い気がした。

式も、出会いも、
なにもかも、土地に呼ばれたり縁があったり
実は自然にでしか実行されてないのだろう。

今は、九州に縁があり
ここで何かを手にするとき。

色んな良いところを目にしていけてる時期。
[PR]
by nemo_yuka | 2012-01-07 00:42