きっこさんの言葉

a0159057_3402930.jpg





a0159057_3404180.jpg





「きっこのブログ」の著者、きっこさんに
「対岸の彼女」のご紹介をしていただきました。
少し前になりますが、とてもありがたい記事だったので、
こちらでもお知らせさせていただきます。

きっこのブログ「8年目のナナコ」

震災を経験してから、きっこさんの言葉には何度も何度も、
足下を固める力をいただいたり
背中を押していただきました。
たぶん、多くの人がそうではないかな。

きっこさんは、わたし個人の制作の世界にも、
同じように、
力をダイレクトにくださいました。

描いたときの気持ち、
思い出しました。
よく見ていただいていて
なぜああいう絵になったのかを、ああ、と思い出して
目の前に、気持ちが降りてくるようでした。

物語を読んで、閉じてもう一度
表紙を見ていただけたらと思う
絵です。

この物語は10代、20代、30代…と
年代によって全く感想の違う物語だと思います。
年を重ねるとともに、
その動かない世界が軸になることに気付かされるような気がします。
だから、今も、これから年を取ってからも
読み返して新しい感動を手に入れられる本です。

10代だけ、手に入れられなかった。
きっこさんと同じく、そこだけ残念。
すごく、何かを手に入れられたんじゃないかと思います。

今年に、思い出させていただけたこと
それが本当にありがたいです。
[PR]
by nemo_yuka | 2012-05-09 03:35