自由に好きなように書くことがいかに必要か知る夜

何かを得たとき
得られない人を見下したり非難することや
何かを得られなかったとき
得た人を非難したり羨む行動が
とても狭い世界の見方なのだと
気づけるといい。

得たことや得られなかったことには
背景や培われた時間という見えない世界がある。
広い世界。

想像もできない考えもつかない流れ。人それぞれの。

でも、それはそれでしかない。


そりゃできれば楽なのがいいけれど
それによって苦しさを見下す気持ちがぽっと生まれてるなら
そのことこそが、わたしはとてもさみしい心理であると気付く。

フラットで、人を同等と見る心が、何よりも優しくてあたたかい気がした。優しく接するとか、思いやるとかよりもっともっと。

表面と深層が作る深みの3Dがあるのが人間の醍醐味。
表面だけを掴む人にはならないよう気をつけたい。
[PR]
by nemo_yuka | 2012-09-03 04:06