納得がもたらすこと

絵の住む場所を見つけてあげたくて
今回の個展では、通常の1号2万円の販売額ではなく
お持ち帰りしやすい価格にしました。

5センチ四方の絵など、小さい絵なので。

でも込めた時間やパワーは一緒。
小さい方がより慎重になる。

絵は1500円からの販売です☆

ボランティア心、というのではなく
対価と、届けたい思いとの
自分の中にあるバランスの、ちょうどよいところを
探して決めた、価格。

よーく考えて決めたことだから、納得があって
気持ちが楽!


以前、芸術はボランティアが当然と言われたのに違和感があったのは
考え方の違いだけではなく
その言葉を聞いたのがお仕事を納めたタイミングであったり
芸術家を雇って、マージンを得ようと試みてた人の言葉だったからと
気付いた。
芸術を使ってお金を得ようとしたけど、人が集まらなくて赤字になることと
芸術に対価を設けないことは、全く違う。
それらは同等でもない。
同じお金を得ないことでも、
主催者にマージンがないことと、
芸術家にギャランティがないことでは
まったくまったく、違う話なのだった。
それを赤字が当然、お金を得ないのが当然というひとくくりで見てしまって
違和感があったのかも。

マージンならボランティアは当然だけど
芸術活動ならボランティアは当然じゃない、とわたしは思ってるかな。

だから違和感の正体は
納得がいかないのに
ひとくくりとして飲んでいた自分の問題。

納得いくと
たとえボランティアでも
無理難題でも、苦しくても辛くても
平気をもたらす。
それこそ、ボランティア心というのではないかなあ。
納得してどんな大変なことでもできちゃう、その気概のこと。
納得できないときは、無理しないで
納得まで答えを探してよいのではないかな。
人に無理強いされることでもないし
人の価値観は人それぞれだもの。
[PR]
by nemo_yuka | 2012-12-26 09:14