こうどうしたから返ってきたものたち

自分が行動したことで、起きたことの
責任をちゃんと、とれていければよいな。
人にもたらされたものも、自分の招いたもの、と捉えて。
ただ、子供には責任はないのを忘れないでおいて。
大人は選べるから。
大人は、自分の気持ちの処理もしていけるくらいの成長した身体たち。
返ってきたものや人の動きを見て思ったことをまんま自分の責任にできるのは、
人を頼りにしない、人に処理を任せない、大切なこと。
だからといって人に何かを言わないとか、アクションしないではなく。

行動したなら、そのあとの責任までとるということ。

人にアクションした後は、感じさせた処理を相手に委ねがち。
相手に処理を委ねるような無責任を持つなら、行動しちゃいけないんだよ。

怒るとは思わなかったけど、それも含めて自分の責任。とか。
自分の行動の結果。だとか。
人のせいにしないことを一番大切に思うから。
ただ、こうしたらこうなる、というものなのだ。

産んだ赤ちゃん対応や
仕事や人への不満も含まれるかな。
こうしたからこうなってるだけ、と思えたら案外ゆるい解釈にもなる。

子供の頃はそこまで請け負ってはいけないけど、それは忘れてはいけないけど
大人の中の子供心の反応は、育てなくてはいけないよね。
育てるくらいの鷹揚さを持って、捉えていたい。




iPhoneから送信
[PR]
by nemo_yuka | 2013-01-16 16:35