メモ

さらに、サイトの抜粋をさせていただきますね。

今回新しい言葉を知って。
投影性同一視という言葉。

下記のようにあって、なるほどーと思ったけれど
まだよくわからなかったので調べてみた。

先のサイトには
「共依存にならない、ということは、「冷静に考えると自分は悪くない。」と思えることです。責任は自分が取る必要はないことに気がつくことです。そのために、相手の言動に乗らないことです。相手の言動に乗ってしまうと、自分のほうが悪いと思い込んでしまいます。この洗脳のようなやり方を、投影性同一視と言います。このやり方から撤退することが肝心です。」

とあって。

学校の先生や会社の上司、親、親しい人どうしでも
批判が過ぎることはときどきあり
そんなときに、わたしたちは「自分がわるかった」と
すぐに対応してしまうことも多いんじゃないかな。

でもその批判の中には、投影性同一視のものも、
どうやら多分にあるんじゃないかと。
受け入れるばかりだと、余分を背負ってしまうことも
あると気付く。

余分は、背負わなくていいもの。
解放しないとだし
そんな場を作っていいと思うよ。
正しい批判は余分にはならず吸収されるから分かるし、
人も、自分の気持ちの動きも、信じて大丈夫だと思う。

投影性同一視については、下記サイトに詳しく記されていた。

投影性同一視について

こうゆう心理があることを知って、正しい対応ができることは
自分のためにも相手のためにもなる。

顧みても、そうならないよう気をつけられる。

という意味でメモメモ!
[PR]
by nemo_yuka | 2013-07-26 14:08