気付く、知る、認識する。

自分に自信がないから、他者を否定して自信を補うんだなあ。
自分の完璧な世界を、守るために。

本当は、完璧ではなくて
不足してるから
自分の世界に自信を持てないから
他者の思いの方を誤りにして
自分のその不足してるはずの正しさを死守する。
その方法を実行する大人は多いみたい。
平穏のない壮絶な世界に身を置いてしまったまま、他の人もそこへ連れ込もうとしてしまう。

平穏さこそ幸福だ。
誰も巻き込まない、利用しない
期待しない助けてもらわない

何がやってきてもものともしない。
動じない世界。

平で穏やかな場所を持ってる人は
巻き込もうとされても、きっと動かない。
いや、動いても平気。

わたしは人によって自分の立ち位置を定める人にはなりたくないな。
自分で理解して大地に立っていたい。誰の支えも必要とせず。
そうして誰かが支えが必要なときは、さっと素早く動くのだ。

支えを必要としなくても、支えてもらえてる幸福は、きちんと噛み締めて。

だから人はありがたい。
どんな些細でも、絶対の助け合いなのだから。
それに気付かずもっともっとと欲したり、不足としたり、
自分のために利用するばかりにしか見れないのは、なんて不幸なこと。
[PR]
by nemo_yuka | 2013-08-22 22:22