風景似顔絵

a0159057_1618735.jpg
いわき市四倉の仮設住宅でも、風景似顔絵を描かせていただきました。

親世代の方々の絵を描かせていただいたのは初めてだったけれど
見えてきた風景は、最近の景色ではなく
子供の頃、目にしてたものたち。

5、60年前の、印象的な出来事と
共にあった風景でした。

過去も、今も、同じ時を生きてること。
絵を描いていてそのことに気付かされました。
そうして絵の中で、こどもだった彼らは必ず
自然に空に海に森に色に、
守られていました。

過去はもう移り変わって、
守ってくれたものは今も顔をあげればそこにあるの!
そのことを渡せてよかった!

今も昔も同じものは、守ってくれてる自然たち。
自然はずっといつでも、そばに有る。
そんな当たり前のことが、とてもすごいことに思えました。
共に生きてること。融合してること。

そしてあんなに快晴だった空は、帰る頃には雷雨に。
夜空の下で、稲光は、
まっくらな海辺の家々の跡地を、見せてくれて。
龍神様の雷雨。
ちゃんといわきにいるみんなを見ていてくれて、
守ってくれてる!
そんなサインにも思えたのでした☆
[PR]
by nemo_yuka | 2013-09-04 16:18 | introduction