好い加減

大人になってから感じることの芽は
子どものときにあると気付かせてもらって
世界はぐっと広まって。

「それは、今ここの感情じゃないよな」って
気付けることの平穏な好い加減♪

九州から帰ってきて
どんどん自由に行動できるのは
人との時間がやっぱり好きだから。
人とご飯を食べた方が美味しい。
色んなことを培えて、一緒に考えていけたらもっと楽しい。
みんなで同じ方を見て、切磋琢磨できることは、本当にすばらしい経験。

無意識に求めるものが、色んな状況や不安を超して
一番大きな宝になることを知った。

そしてそれは
依存のない、みんなそれぞれ自分の見方で臨んでる場所でこそ
発揮される!

こうしないとだめだとか、わたしを幸せにしてとか
そんなこと言う人はいない。
「わたしを幸せにしてくれないからあなたは間違ってる」は
遠く彼方。

今は遠く彼方だけど、根底では出会っている
色んな世界を教えてくれたひと。
そんな大事な出会いを携えて。
だからこそ今見える世界はぐっと色層が深い。

わたしは一緒にいるみんなのことを
みんなが好きで大事にできる世界が、好きだ。
もちろん意見が合わないとかそれぞれの違いや嫌な面なども(笑)知っていながら。
違っているところもわかっていながら
その違いも大事にできる、大きい心が、
一番良いもんだと思う。
そういうのを大事にしてるところを見せてくれる友達がいるから、
そう思えるんだろうな。
(だからありがたくて仕方がない!)

多くを経験したり手に入れたほうがしあわせだと考えているうちは
良い「もの」や「条件」を手に入れても
くるしいは続くものかもしれない。
もたらされるものではなく
感じるものだとつくづく理解できたのは
色層の様々な彩りのお陰。

その彩りを見られたことが一番の宝。
根底の色に再び遭遇しても
それはきっと好い加減の色味を導き出してくれるんだと思う^^

Twitterからもらった言葉もいい塩梅。

逆向きに生きようとする人が多い。
ものや金をいくらでも欲しがり、
それで自分のしたいことをして幸福になろうとする。
それは順序があべこべなのだ。
まず真の自分になり、それから、するべきことをして、
自分の望みのものを手に入れるのである。 _ マーガレット・ヤング
[PR]
by nemo_yuka | 2013-09-06 15:47